ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
合同会社
株式会社と合同会社の比較
登記をして設立完了です。
設立には約2週間。
合同会社
定款認証 不要
収入印紙 電子定款は印紙代不要
登録免許税 6万円
決算公告 不要
定款謄本代 約2,000円
登記簿、印鑑証明等 約3,000円
登記費用
(電子定款)約7万円+依頼費用9万円
法人化を少額の資金でスタートさせ、小人数で始める時は、合同会社が合致しているでしょう。株式会社よりは、早く設立が可能です。

発起人を決めます。
    ↓
商号を決め、類似商号の調査をします。
    ↓
会社の代表印等作ります。
    ↓    ↓
出資金を払い込みます。
    ↓
出資金の払い込みの調査をします。
    ↓
設立登記を行い、会社の設立となります。(登記申請日が設立日になります。)
    ↓
法人印鑑証明、商業登記簿、印鑑カードの取得

合同会社設立のメリットは、

合同会社は、有限責任です。原則、倒産しても社長が責任を負わないことになります。

定款認証が不要。会社の設立が早くできます。

登録免許税は、最低6万円で済みます。(株式会社は最低15万円)設立にかかる費用が、株式会社よりかかりません。

決算公告の義務ありません。

デメリットは、
認知度あまりないことから合同会社と言うと、法人なのか理解されないことがあるかもしれません。



home

 |富山・車庫証明| 富山・建設業許可 | 富山・会社設立相続 |産廃許可
フッターイメージ